Latest Tweets:

*84

"

 以下、タモリのスピーチ全文

 「(過去のレギュラー陣が座る客席側に向けて)すいません、立っていただいて。こんなに集まっていただいて、本当にありがとうございました。お忙しいなか、感謝します。出演者、スタッフのおかげで32年間、無事やることができまして、まだ感慨というのがない。ちょっとホッとしただけで。来週の火曜日くらいからくるんじゃないかと思います。

 あしたもアルタに行かなければなりません、楽屋の整理がありますんで。私物がいっぱい置いてあります。皆さんのおかげで、ここまでくることができました。考えてみれば、(わたしは)気持ちの悪い男でしてね。こういう番組で以前の私の姿を見るのが大嫌いでしてね。気持ち悪い。濡れたしめじみたいな感じ。嫌~な、ヌメッとしたような感じで、いまだに自分の番組は観ません。

 当時、ひねくれていまして、不遜で、生意気で、世の中なめ腐っていた。そのくせ、何もやったことがなかった。それが、亡くなった初代の横澤彪プロデューサーから(番組を)仰せつかりまして、だいたい3ヶ月くらいか半年くらいで終わると思っていたら、32年も続きまして。

 生意気にやっていたんですが、長い間に、視聴者の皆さんはいろんなシチュエーション、いろんな状況、いろんな思いでずっと観てきていただいたのが、こっちに伝わりまして。私も変わりまして、何となくタレントとして形を成したということなんです。視聴者の皆さん方からたくさんの価値をつけていただき、みすぼらしい身にたくさんのきれいな衣装を着せていただきました。そして、きょうここで皆さんに直接お礼をいう機会をいただけたことを感謝します。32年間ありがとうございました。お世話になりました」。

"

【いいとも!超特大号】タモリ、最後のあいさつ全文 視聴者に強く感謝 ニュース-ORICON STYLE- (via higotono)

(via hm7)

"■「文章がだぶついているな」と思ったときに注目する言葉

「書いてあることはごく単純な話なのに、なんだか冗長で読みにくいな…」と感じる文章に出会ったとき、無意識に注目している言葉があったりします。ぱっと思い浮かんだものをリスト化してみました。

~という
~など
~を行う
~することができます
~も可能です
~を実現する
~によって
~に対して
~のような
~のほう
~ということ
~ができる
~の実行/実施
~に対して
~について
また
さて
さっそく
実際に

そのほかにも以下のパターンがあります。

「の」の連続(名詞と名詞の連結)
「を」の連続(「の」の連続と関連して発生)
余計な名詞
余計な代名詞
同じ文に同じ主語が繰り返しでてくる
余計な「が」

詳細はまたあらためて。"

■「文章がだぶついているな」と思ったとき…

最後の詳細はあらためて。がだぶついてる

(via attrip)

「の」がだぶついて仕方ない。

(via interglacial)

DUB

(via attrip)

(via hm7)

"Closing your eyes isn’t going to change anything. Nothing’s going to disappear just because you can’t see what’s going on. In fact, things will even be worse the next time you open your eyes. That’s the kind of world we live in. Keep your eyes wide open. Only a coward closes his eyes. Closing your eyes and plugging up your ears won’t make time stand still."

Haruki Murakami, Kafka on the Shore  (via observando)

*90
jonfenmarlowe:

BIANCHI SUPER SPORT — 1955

jonfenmarlowe:

BIANCHI SUPER SPORT — 1955

(via hm7)

scratchingpad:

Kitten and her first laptop

(via fuckyeahkitties)

"リンゴを意味する言葉「アップルapple」は、本来は「木の実」全般を指す言葉であり、特定の果物を表す言葉ではありませんでした。それだけ、リンゴの木はヨーロッパのあちこちに生えていた、ということなのでしょう。
ちなみに、リンゴはラテン語ではリンゴの実はポムムpomum、ギリシア語ではメロンmelonと呼ばれ、前者はペースト状の化粧品ポマードpomadeの由来となり、後者は別の果物の名前となりました。
漢語の「林檎」は「猛禽類のとまる木」を意味するもので、さまざまな鳥がこの木の実を目当てに飛び寄ってきた姿を表しています。"

リンゴ (via petapeta)

(via hm7)

(via hm7)